お客様の声

よくあるご質問

お客様から多く寄せられる、補聴器に関するご質問をご紹介いたします。

※質問をクリックすると答えが表示されます。

補聴器って、いくらくらいするの?

片耳4万円台から40万円台までさまざまな種類の補聴器がありますが、補聴器は価格で選ぶのではなく、その方の聴力・生活環境・ご希望等に合った補聴器を選ぶことが大切です。より良い補聴器をお選びいただくためにも、まず補聴器をお試しいただき、担当者とじっくり相談した上で器種を選択されることをお勧めします。※補聴器無料貸出制度をご利用下さい。

補聴器は片耳ではだめなの?

両耳から音を聴くことにより①方向感・距離感が分りやすい②音量を小さくすることができ、耳への負担軽減③音に立体感・メリハリがついてハッキリする④騒音下で聞きたい音の区別がしやすい⑤左右から音が入ることにより脳をバランスよく使うことが大切です!装用効果の向上のためにも両耳装用をお勧めします。(聴力により両耳装用が難しい場合もあります)

ピーピーうるさくて補聴器をつけていられない!

『ピーピーうるさい』と言うのはハウリングです。調整で改善しない場合、形が合っていない為なので型をきちんと合わせれば改善します。耳あな型の場合、ベント(通気穴)を塞ぐ・形を補修又は作り直すことが出来ます。耳かけ型の場合、イヤモールドを作り直す。等により改善します。

補聴器を使うと余計耳が悪くなるって聞いたけど?

聴力に合わせた調整でご使用になれば、聴力を悪化させる心配はありません。補聴器で音を聴くことにより『聴きにくくなった脳』が『聴こえる脳』に変わっていきます。そのためにも毎日しっかり音を聞いて生活することが大切です。

高い補聴器と安い補聴器はどう違うの?

車でたとえると色々な機能を搭載させることにより価格も高くなると思います。補聴器の場合も、うるさい音を抑えたり、言葉をハッキリさせる機能を多く搭載し、より細かい調整が可能な補聴器ほどお値段が高くなります。使用する状況によって必要な機能を持った補聴器を選ぶことが大切です。

ページの先頭へ